COCODOCO

ぶら~りお散歩

平日とは違って、のんびりとした雰囲気が漂う休日の大手町。
ゆっくり歩いてみると、普段は見過ごしている意外な発見があったり、
大手町にこんな場所があったのと驚かされたり。
もちろん歩いた分だけカロリー消費。
さぁ、この秋は、楽しく歩いてダイエットしちゃいましょ。

大手町川端緑道コース

散策におすすめなのが神田エリアと大手町エリアの境界を流れる、日本橋川沿いにある「大手町川端緑道」。ここは大手町連鎖型都市再生プロジェクトの一環として2014年4月に開通、錦橋から旧東京国際郵便局までの全長780mの歩行者専用道路です。この緑道には、江戸城外堀の石垣や神田橋門の石垣跡が残るなど、皇居のお膝元ならではの見所も。道の舗装は大名屋敷をイメージした「江戸小紋」の着物の柄がモチーフになっているそうです。
それでは、錦橋から散策、スタートです。

最初の見所は、気象庁旧生物季節観測用の木。生物を観測することで気象の推移がわかるんだとか。ここに植えてある3本のソメイヨシノとイロハモミジは、標本木として使われていたそうです。

江戸時代、道路と堀が交差する場所には、敵の侵入を防ぐために城門を設けていたとか。その一部が神田橋付近に残っています。

大手町フィナンシャルシティ ノースタワー前にある「小紋広場」は、ちょっとした休憩スペース。古地図と組み合わせた大手町川端緑道案内図が、ここにもあります。

さて、緑道というからには道の両脇にはさまざまな植物が植えられています。名前のプレート横にQRコードがついているので、気になる植物があったら、こちらをどうぞ。

大手町川端緑道は"エコ"も積極的に取り入れているそうです。例えば、この「アーバンエコファーム」は、野菜にあげる水は周辺ビルの排水を浄化して再利用。光もLEDを使っています。ちなみに、収穫された野菜は社員食堂で提供されているそうです。

江戸城外堀の石垣と荷揚げ場が残る鎌倉橋。今年の夏には「鎌倉橋橋洗いプロジェクト」が開催されました。洗ったのは、架橋以来86年振りだったそうですよ。キレイになった鎌倉橋も必見です。

NTTコミュニケーションズ大手町ビル付近は、緑道の中でも静かな一角。道の幅が広く、ゆったりとした間隔で植えられた植物の間にベンチが置かれていました。

ここまで来れば終点まであと少し。どうでしたか?所々に、ベンチがあるので足を休めることもできるし、何より緑に囲まれているので癒されること請け合いです。
さて、気になるカロリーですが、男性65kcal、女性51kcalの消費が期待できます。