新たに本線運行が可能な線路を整備することにより、交差支障が解消され後続の列車に影響することなく折り返すことが可能となるため、運転本数を増やすことが可能となり、東西線の混雑率が緩和されるとともに輸送の安定性も向上されます。

詳細