新たに立体交差による連絡線を設けることで、2つの列車が同時に交差区間を通れるようになります。
これにより平面交差部における列車の交差待ちが解消されるため、輸送の安定性が向上します。また、よりスムーズな直通運転が可能となり、万一のダイヤ乱れの際なども各線への影響を低減し、正常ダイヤへの回復もよりスムーズになります。

詳細 特設サイトはこちら